2019/4/11 環境認識

昨日のECB政策金利発表、FOMC議事録がありましたが目新しい内容もなく相場の値動きも限定的でした。

またイギリスのEU離脱も2019年10月までに延期になりました。

15時現在もトレンドがなく、積極的にエントリーしたい相場ではないです。

ドル円

1時間足では下落トレンドだが、4時間足の青色の上昇トレンドラインと110.82~111.00付近のサポートラインに支えられているので、今日はショートで深追いするのはリスクが大きいです。

ユーロドル

昨日の20:45ECB政策金利発表後の21:30記者会見でドル高に動いたもの深夜で全戻ししました。

現在も1時間足では上昇トレンド継続中で、狙うのならば1.1287ドルのブレイクを狙ってのロングですが、全戻しの可能性も大きいので難しいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました