2019/4/15週の環境認識

2019/4/8週は特にロンドン時間が全く動きませんでした。
ロンドン時間はチャートは見ていましたがトレードはほとんどしていません。
ECB政策金利発表も据え置きで一時的な反応で終わりトレンドは発生しませんでした。
ただ木曜日~金曜日にかけて急遽ドル円が上昇し始めました。

2019/4/15週はドル円は上昇トレンド、ユーロドルとポンドドルはレンジとみています。

ドル円 日足

ドル円 4時間足


ドル円は節目の112.0円を割って、先週引けでも112.0円の高値圏をキープしています。
上昇トレンドなのは明らかです。
ダウ平均の史上最高値更新、日経平均の上昇を見据えて、112.8~113.0円(赤いトレンドライン付近)の上昇を狙ってもいい局面です。

ユーロドル 4時間足

ユーロドル 1時間足

ドル円のチャートがわかりやすい一方でユーロドルはわかりにくいチャートです。
ユーロドルは上昇トレンド継続中で金曜日に急騰しましたが、4時間足では下落トレンドなので積極的にトレードしたい相場環境ではないです。

ポンドドル 4時間足

ポンドドル 1時間足

ポンドドルは4時間足レベルで三角持ち合いが続いています。
ユーロドル同様、ポンドドルも積極的にトレードしたい相場環境ではないです。
上がるか下がるかの判断も難しく来週も様子見が無難です。

大きく上抜けてから、または下抜けてからでもエントリーは遅くないので、方向感がでるまで様子見します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました