【FXの始め方】初心者におすすめの証券会社を紹介します

FX初心者からよく聞かれる質問の一つに

  • どこの証券会社の口座がおすすめか
  • 国内証券会社と海外証券会社(XM:エックスエム など) 
    どちらがよいか

など、FX証券会社に関する質問がたくさんあります。

この記事では、

  • おすすめの証券会社
  • 証券会社を選ぶ基準
  • 国内証券会社と海外証券会社、どちらがおすすめか

をFX初心者に向けて紹介していきます。

この記事を読めば、初心者が不要な損失や失敗を避けられる
証券会社の選び方がわかります。

おすすめは、ヒロセ通商や楽天証券(最低取引単位が1000通貨と少なめだから)

結論から言うと、国内証券会社がおすすめです。
特に、ヒロセ通商か楽天証券が初心者に最もおすすめです。

↓ヒロセ通商の口座開設はこちらからどうぞ。

LION FX ヒロセ通商

↓楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ。

工事中

証券会社を選ぶ際は、下記の2点を重視するとよいです。

  • スプレッドが小さい
  • 最低取引単位が1000通貨と少ない(特に初心者)

※注 スプレッド:1回の売買/トレードでかかる手数料みたいなもの

スプレッドは、国内証券会社なら安いところが多いです。(2020年8月現在)
ドル円が0.2pips、ユーロドルが0.4pips以下程度あれば十分安いです。

初心者が重視してほしいのは、
最低取引単位が1000通貨でできるか、です。

証券会社によって最低取引単位が異なります。
最近は1000通貨から取引できるところも増えましたが、
10000通貨からしか取引できないところもあります。

ヒロセ通商や楽天証券は1000通貨からトレードできるので、
初心者にも安心しておすすめできます。

1000通貨のトレードなら、
1万円を入金すれば十分トレードでき、
100pips(ドル円だと1.00円)負けても1000円の損失で済むからです。

FXは、最初はおもしろいように負けまくるので、
最初から取引量や枚数を大きくして
(例えば5万通貨~10万通貨以上)
トレードしてはいけません。
不要な損失になってしまうからです。

枚数を増やすのは、勝てるようになってからにしましょう。

もちろん、デモ口座から始めるのもおすすめです。
デモ口座は、どの証券会社にもあります。
最初は、デモか1000通貨から始めましょう。

口座開設の手順

口座開設は、無料でホームページ上のみでできます。
郵送でも口座開設はできますが、
郵送は時間がかかるのであまりおすすめしません。

各証券会社のホームページにて、
必要な個人情報を入力していけばOKです。
下記のものは、写真が必要なので
スキャナかカメラで画像を取り込んでおきましょう。

写真またはコピーで提出が必要なもの

  • マイナンバー
  • マイナンバーカードまたは身分証明書(運転免許書など)

口座開設は申し込みが完了してから3日~1週間程度かかる場合があります。
早めに申し込んでおきましょう。

DMM証券やGMOクリック証券はおすすめしづらい(最低取引単位が10000通貨と多めだから)

最低取引単位が10000通貨のところ、
例えば、DMM証券やGMOクリック証券は、
スプレッドは小さいものの
初心者にはおすすめしづらいです。

10000通貨で100pips(ドル円だと1.00円)負けると1万円の損失になり、
小さくない損失になるからです。

これらの証券会社を使うのは、
デモや1000通貨のトレードで勝てるようになってから使うのが無難です。

海外証券会社は、初心者にはおすすめできない

FX口座は海外証券会社がおすすめ、
という話をネット上ではよくみかけます。
実際、海外口座を使っている人も多いと思います。


たしかにゼロカットなどメリットはあります。

しかし、初心者には、国内証券会社を強くおすすめします。
海外証券会社はおすすめできません。

下記のデメリットがあるからです。

  • レバレッジが大きすぎる
    (国内最大25倍に対して、海外は最大500倍~1000倍程度!)
  • スプレッドが大きい
  • 税金が総じて高い
  • 業者によっては、出金トラブル(出金できないなど)がある

特に、レバレッジが大きすぎるのが、最大の問題です。

レバレッジ1000倍は、どのくらい危険なのか、
10~20pips(0.10円~0.20円) 程度マイナスに動いただけで
証拠金が全部なくなってしまうレベルです。


こんなハイレバレッジのトレードを
ずっと続けて資産を増やすのは
プロでも非常に困難だと言わざるを得ません。

また、業者によっては、出金トラブルがある場合があります。
もし出金できなくなったら
海外の業者相手なので裁判で争うことも難しく
(裁判費用に見合わない場合が多い)
泣き寝入りするしかないのが現状です。

海外のFX業者は、日本の金融庁から認可を得ていません。
厳しい言い方をすれば、違法業者です。

ブログやツイッターで海外証券会社を
おすすめしているのをよく見かけますが、
アフィリエイトなどで高額の報酬をもらえるから
宣伝している場合がほとんどです。
注意しましょう。

注文は国内証券会社のソフトで、チャート分析はMT4やTradingViewがおすすめ

注文は、ヒロセ通商や楽天証券などの国内証券会社が提供するソフトでしています。

ただし、チャート分析は、国内証券会社のソフトよりも
MetaTrader4(以下MT4と表記)やTradingViewのほうが使いやすいので、
MT4やTradingViewを使っています

※MT4の使い方や設定は過去記事を参考にしてください。

参考1:MT4の設定

※Trading Viewのリンクを貼っておきます。
 ブラウザ上で動作するチャート分析ソフト(基本無料)です。
 FXだけでなく、世界中の株や先物のチャートが見れます。
 興味がある方は、TradingViewも使ってみましょう。
 無料だと広告がうっとおしいのが難点ですが・・・

参考2:Trading View

自分でいろいろな会社の口座を試してみるのもよい

口座の新規開設や口座の維持は無料でできる場合がほとんどなので
気になった証券会社は、デモ口座を作ってみて使ってみましょう。

また、証券会社によって明確な優劣というものはなく、
好みの問題もあります。
最終的には、自分が使いやすい、使い慣れた証券会社がよいと思います。

まとめ

この記事では、初心者に向けておすすめの証券会社を紹介しました。

  • 1000通貨で始められる
    ヒロセ通商や楽天証券が初心者にはおすすめ
  • 10000通貨で始められる
    DMM証券やGMOクリック証券などは
    初心者は避けたほうが無難(デモなら問題なし)

  • 海外証券会社は初心者におすすめできない

FXの実践デビューしたい人は
まずは1000通貨から取引できる証券口座を作って
トレードしましょう!

↓ヒロセ通商の口座開設はこちらからどうぞ。

LION FX ヒロセ通商

↓楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ。

工事中

コメント

タイトルとURLをコピーしました