2019/6/14金 環境認識

昨日は午前は香港のデモによる香港株価指数の下落で
リスクオフ(円高、ドル高)になりましたが、
ロンドン時間以降急速に回復しました。
ただ、ボラティリティは小さく、値幅はとりにくい一日でした。

ドル円 4時間足

ドル円 1時間足

ドル円は、108.20~109.55のレンジ相場でした。
上値も下値も非常にかたいのでブレイクしたら大きく伸びそうな気もします。
4時間足でも高値切り下げが続いており、
本日もドル安円高トレンドはまだまだ続く=安値を試す展開になるとみています。

ユーロドル 4時間足

ユーロドル 1時間足

ユーロドルも今週はボラティリティが少なく値幅がとりにくいです。
1時間足では1.135ドルを起点に安値1.1285ドル→1.1268ドルと切り下げて
下落トレンドに転換しました。
積極的にショートを狙いたい局面です。
ただ、4時間足では先週の上昇が急だったため
一時的に急騰してもおかしくない局面でもあるので深追いはしにくいです。

ポンドドル 4時間足

ポンドドル 1時間足

ポンドドルもドル円同様、4時間足では明確な下落トレンドです。
今週はレンジ相場でポンド高になったりポンド安になったりするので
少々やりにくさはあります。
レジサポ(1.2655ドル~1.2670ドル)が固いですが、
ここを割ると下落トレンドがさらに継続しそうです。
このレジサポの割れを狙ってショートを積極的に狙ってみたい局面です。
しかし、1時間足では安値切り上げが続いており、押し目買いも入りそうなので
他の通貨同様、深追いはしにくいです。

↑人気ブログランキングに参加します。
この記事が参考になった方はクリックをお願いします。
ランキングがあがりYOKOのブログ執筆の励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました