2019/6/19水 環境認識(FOMC前)

FOMC政策金利発表前にまとめの意味も込めてアップします。
(FOMC後の翌朝にも環境認識をアップします)

ドル円 4時間足

4時間足は下げダウ継続の下落トレンド、ただし現状は108.20~108.60円のレンジです。
FOMCなければ明日もレンジ上限からショートを仕掛ける局面ですが、
FOMCでどうなるか、要観察です。

ユーロドル4時間足

ユーロドル1時間足

ユーロドル4時間足では下落トレンドですが、
1時間足を見ると、下落トレンドラインを割り、急上昇しています。
下落トレンドはいったん中断したとみることもできますが、下げダウ継続中なので、
ここから短期でロングを仕掛けるのは
トレンドの転換狙いなので、あまりおすすめしません。
下落トレンド中のレンジとみなし、
レンジの上限付近からショートを仕掛けたほうが成功確率は高いです。

ポンドドル4時間足

ポンドドル1時間足

4時間足では下落トレンドだが下げ幅が明らかに小さくなっています。
加えて1時間足では高値切り下げが崩れているので、
上昇も下落もありうる難しい局面になってきています。
1日様子を見てみたい局面です。
もし明日トレードしろと言われれば、
日足~4時間足の下落トレンドにそってショート(ピボット狙いはあり)を狙いますが、
ドル円やユーロドルのショート狙いのほうが成功確率が高そうなのです。

↑人気ブログランキングに参加しています。
 この記事が参考になった方はクリックをお願いします。
 ブログランキングがあがりYOKOの励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました