2020/2/12 環境認識 ユーロドル年初来安値更新中!

2/11火のニューヨーク時間に1.09ドルを割り込みました。その後すぐに反発しましたが。
こうなってくると、ユーロドルは昨年10月の安値10880ドル付近を更新する可能性が
ぐんと高まりました。
ダウ平均、日経平均も高く、株高ドル高相場になりつつあるので
ユーロドルの最安値更新はこれからも続いていくとみています。
間違っても、トレンドの転換狙いで、あるいは逆張りでユーロドルをロングしてはいけません。

今週もロンドン時間前半(16:00~19:00頃)はトレンドが発生しにくいですが
ロンドン時間中盤(19:00以降)やニューヨーク時間前半(22:00~25:00頃)は
トレンドが発生しやすいので、
19時以降にユーロドルのショートを狙いたいです。

ドル円

ドル円 日足

ドル円 4時間足

ドル円 1時間足

ドル円は日足、4時間足、1時間足は上昇トレンドですが
110円の壁が厚すぎます。

109.55円以上にあれば上昇トレンドなので買い待ち。
109.55円以下ならば1時間足、4時間足ともに下降トレンドに転換したので売り待ちです。

ただし、110円が厚いので、買うのは110円を抜けてからでも構いません。
それまではほかの通貨ペア(今ならユーロドル)をやるのがおすすめです。


ユーロドル

ユーロドル 日足

ユーロドル 4時間足

ユーロドル 1時間足

青色のチャネルラインをブレイクして、1.09ドルを一時割り込みました。
その後すぐに反発しましたが、戻しも小さく、現在は1.091~1.092ドルです。

昨年10月の安値1.0879ドル近辺を割るのも時間の問題のようにみえます。

今週の方針は、もちろんショートです。
タイミングは難しいですが、東京時間の安値を割り込むような大陰線が出現したら
19時以降ならショートします。

ポンドドル

ポンドドル 日足

ポンドドル 4時間足

ポンドドル 1時間足

ポンドドルもユーロドル同様下降トレンドですが、
ボラティリティが大きかったり、戻しが大きかったりして、難しいなという印象です。
下落するタイミングをつかむのも難しいです。
今週はユーロドル中心でもいいと思います。

まとめ

ドル円、ポンドドルは若干難しさがあるのでユーロドルがおすすめです。
とはいえユーロドルもすでに大きく動いているので
あまり深追いしない、しっかり待つ、ロットを小さめにするなど
リスクを管理しながら攻めるとよいです。

↓ココナラでFXをネットで教えています。
 本一冊分の値段でテクニカル分析の基本やトレンドの把握を勉強できます。
 FXを一から勉強したい人におすすめです。

つみたてNISAでのS&P500の投資を教えます 初心者でも失敗しない資産運用を、専業トレーダーが教えます

↓ストアカでリアルで教えています。
 テーマはS&P500の長期投資、つみたてNISAです。
 投資やトレードをしたいが、本業が忙しくて時間がない方、
 FXでなかなか勝てない方にもおすすめです。

環境認識

TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました