テクニカル分析基礎(ライン)

この章では環境認識で重要なラインの引き方について解説します。

前回の記事はこちら → テクニカル分析の基礎(トレンドの定義、ダウ理論)
トレンドの定義、ダウ理論に不安のある方は、前回の記事を読んでから
今回の記事を読むことを推奨します。

重要:ラインの基礎 ~どこにラインを引くか~

水平ラインおよびトレンドラインは下記のような高値、安値に引いてください。

  • トレンドの定義やダウ理論に基づく高値、安値
  • わかりやすい高値、安値
  • 日通し(その日)の最高値、最安値
  • 上位時間足の高値、安値 (特に日足レベルは重要)
  • レジサポ
  • ダブルトップやダブルボトムなどのネックライン


ただし、絶対に正しいラインの引き方はなく、実際そのレートになってみないと
有効に働くかどうかわからない場合が多いので過信しないでください

レジスタンス(抵抗線)とサポート(支持線) 

ラインはレジスタンス(抵抗線)かサポート(支持線)として反発させる働きがあります。


レジサポ反転

下図のようにレジスタンス(抵抗線)は破られた後サポート(支持線)として
逆にサポート(支持線)は破られたらレジスタンス(抵抗線)として働く場合があります。

これをレジサポ反転(サポレジ反転)と呼びます。

株ではあまり見かけないかもしれませんが、FXではよく見かける大切な概念です。

ラインブレイク

水平ラインを抜けると、それまでのレンジ相場からトレンド相場への転換を意味し、
値が大きく動きます。

これをラインブレイクと呼びます。

ライントレードはこのブレイクした瞬間、またはブレイクを見越してエントリーするのが基本となります。

ラインブレイクで値が大きく動く理由

水平ラインは節目として、様々な思惑が飛び交います。

ラインをブレイクするとトレンドの定義が崩れた、レンジがブレイクした、
ダウ理論でトレンドの転換シグナルとして認識されます。

ブレイク前は、
下落すると思っている人は新規で売りますが、
上昇すると思っている人はライン付近で新規で買います。
またレンジと思っている人は様子見で待つ人もいます。
このように買いと売りが一致しないです。

しかしブレイク後は、上昇トレンドになったと判断し、
上昇すると思っている人は新規でさらに買います。
下落すると思っている人も新規で買いに転じます。
また下落すると思って売っている人は、損切で買います。
レンジと思っている人は、新規に買ってきます。

このように、重要な水平ラインの上に抜けると、上昇トレンドに転換したと判断され、
値が一気に動きます。

※なお、抜けると大きく値が動く水平ラインのことをトリガーと呼んだりします。
 自分でトリガーを見つけるようにしましょう。
 コツは最初に述べたラインの基礎と同じです。

このときの値動きのスピードは早く、一瞬で5~10pips以上動くこともあるので
見逃さないようにしましょう。

トレンドライン

ダウ理論による高値および安値を結んだラインをトレンドラインと呼びます。

トレンドラインの引き方

上昇トレンドライン:安値を右肩上がりに結んでいきます。
下降トレンドライン:高値を右肩下がりに結んでいきます。

トレンドラインの強さ

トレンドラインは3点以上で有効に働きやすいです。
2点だけでは有効に働くかどうかはわからないです。

トレンドラインをローソク足のヒゲで結ぶか実体で結ぶか

YOKO推奨はローソク足のヒゲです。

理由は下記のとおりです。
①ヒゲのほうがわかりやすいから
②海外勢のバーチャートでは、始値終値より高値安値を意識しやすいから

トレンドラインのラインブレイクでも値が大きく動く

水平ラインのラインブレイク同様、トレンドライン上では抜ける前は反発し、
抜けた後(ブレイクしたら)は値が大きく動きます。
原理は水平ラインと同じです。

参考:実践例 各通貨ペアの週足

環境認識の具体例(各通貨ペアの週足)になります。
ご参考にしてください。

↑ブログランキングに参加しています。
 記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました